爪水虫薬のイトリゾールの効果と副作用

爪水虫薬のイトリゾールの効果と副作用

爪水虫薬のイトリゾールは真菌(カビ菌)を死滅させる効果的な薬です。
でもこのイトリゾールという強力に効果を発揮する反面、副作用も強い爪水虫薬として有名なのです。
抗真菌なので、爪水虫の原因である白癬菌に効果があるだけでなく、ガンジダ菌や皮膚糸状菌などにも効果を発揮します。

 

いずれにせよ、爪水虫にはイトリゾールはばっちり効果的ということなのです。イトリゾールは、液体、カプセル、錠剤と様々ありますので、好みもあると思いますが、選択もできます。

 

その心配の副作用ですが、肝臓機能が低下する人がいるということです。
重症化することはほとんどないとは言え、もともと肝臓に持病のある人がイトリゾールを摂取すると、さらに肝機能が衰え、手足のむくみやうっ血性心不全になる可能性もあるそうです。

 

他には胃の不快感、吐き気、下痢、軟便など、身体がイトリゾールを異物として判断することもあるようですね。それ以外では発疹やかゆみなどです。
つまり長期間イトリゾールを服用するのは難しいということですね。

 

その代わりかどうかわかりませんが、パルス療法といって、1週間イトリゾールを服用し、3週間は何もせずに内臓を休めるという方法があるそうです。
これを3回繰り返すと(約3か月)、血液検査を受けて肝機能の低下がないかチェックするそうです。

 

それで、まだ白癬菌が残っているようなら続けるという方法ですが、たかが水虫にこんなにも治療費(いくらか知りませんが、血液検査をして肝機能のチェック項目は決して少なくないと思います。)をかけて・・・と思う人もいるでしょう。

 

しかも、肝臓の機能が低下しますから、パルス療法の服用期間1週間アルコールは禁物です。
毎日晩酌している男性には厳しいと思います。でも確実に最短で爪水虫や水虫を根治したいと思えば、この方法なら確実に医者の指示に従っておけば自然と白癬菌はいなくなります。

 

一番問題なのは、市販薬を使って毎日地道に患部に塗り、痒くなくなった、爪がきれいになったからと途中で塗り薬をやめてしまう、もしくは治ってなくても面倒だからやめるとなることです。
せっかく途中まで治療をしたのに、途中でやめてしまったら、白癬菌は元通り増殖してどんどん感染範囲を広げていってしまうでしょう。

 

自分がずぼらな性格で、自分で根気よく市販約を半年〜1年買い続けて治す自信がない人は、最初からこのきついイトリゾールのパルス療法を受けて、きっちり治して、その後は再感染しないように気をつけるのでどうでしょうか?